不動産投資の始め方

物件の選別が難しくなってきています

資産運用の手段として不動産投資を検討する人がかなり増えてきました。しかし、一方で不動産投資をする際の物件選びはどんどん難しくなってきています。これは人口が減少している時代に突入しているためです。投資するエリアが限られてきており、物件の取り合いになっているのです。そのため、個人がこれから優良な物件を手にすることができる確率はかなり低くなっています。しかし、不動産投資をあきらめる必要はありません。なぜならば、直接的に投資ができなくても間接的に投資をすればよいからです。最近では不動産を対象とした投資商品が新たに誕生してきています。中古ワンルームマンションを探すのと同時に、このような投資商品も併せて探してみましょう。

不動産から派生した投資商品を買ってみよう

不動産を対象とした投資商品として最もポピュラーなものは上場不動産投資信託です。株式市場で売買されており、証券会社を通じて購入することができます。大手不動産会社や大手商社などの一流企業がスポンサーになっており優良物件の情報が集まってくる仕組みができています。収益も安定しており、株式より安心して投資をすることができます。また、収益物件を小口化して販売している投資商品も見られるようになってきました。投資家から多くのお金を集め、収益物件を購入するわけですが、上場不動産投資信託と異なる点は直接的に所有権を保有することができるということです。1口100万円という単位で売られていることが多いですが、募集期間が限られているので、定期的な情報収集が必要です。