目的に合った投資方法

大型投資は上場不動産投資信託を介そう

不動産投資をするのであれば実物不動産と上場不動産投資信託を併用すると良いです。併用することで異なった種類の不動産を保有することができます。個人で買うことができるマンションやオフィスビルはどうしても規模が小さいものになってしまいます。大きなものを購入しようとするとリスクが高まり、またノウハウも必要になってきます。これからオフィス需要や住宅需要が伸びると予測しても、なかなか一流物件を保有することができません。しかし、この壁を上場不動産投資信託で乗り越えることができるのです。上場不動産投資信託では多くの投資家からお金を集め、数十億、数百億するような物件も運用資産として組み入れています。リスク管理もプロが行っているので安心できます。

実物の収益物件は活用できます

但し、間接的に投資をしていることになりますので、自分が所有権を持つことができるわけではありません。投資主総会で議決権を行使するという形で運用に携わっていくことになります。リスクや収益を考慮して上場不動産投資信託だけで運用すれば良いように考える人もいますが、上場不動産投資信託では信用力が付きません。金融機関は担保として取りやすい資産を持っている人には容易にお金を貸します。その最もポピュラーなものが実物不動産なのです。収益だけ考えれば、確かに上場不動産投資信託の方が効率的なのですが、この先、大きなお金を動かそうとしているのであれば、是非、実物のオフィスビルやマンション、アパートなどを直接保有するべきです。